検索
  • Natsumi Kaihara

WARP × Talk vol.5

最終更新: 2020年12月9日

コンテンポラリー・ジュエリーとは (まとめ)



・素材問わず、作家のコンセプトを基に創られるジュエリー

・素材価値やブランド力ではなく、作家のコンセプト・表現にこそ価値をみる

・付ける者や見る者、第三者の個人的価値が加わる「情緒的なジュエリー」

・ジュエリーを介してのコミュニケーションが生まれ、そこに第三の価値がある ・作品を捉えるのに正解はなく、ある意味生じた誤解こそ作品の豊かさとなる


詩的に解釈なるならば、コンテンポラリー・ジュエリーは、ジュエリーと個人的な関係を築いている「作家自身」そして「身に付ける者自身」と言えるのではないでしょうか。



New moon/ Half moon Natsumi Kaihara



これまでの回を通して、少しずつご自身のジュエリー感が広がって来たでしょうか。

コンテンポラリー・ジュエリーはハイジュエリーやブランドジュエリー、モードと相容れない対立した存在ではありません。装身具とアートに跨るジュエリーの一分野です。

ジュエリーの選択肢として、楽しんで頂けたら嬉しいです。



次回は楽しみ方や身に付け方について広く考えていきましょう。



コンテンポラリー・ジュエリー グループ展

WARP Tokyo-Barcelona

会期: 東京 2020年12月14日(月)〜12月20日(日) 銀座ACギャラリー

巡回展: スペイン・バルセロナ 2021年9月25日〜 CONTEXT Gallery

more info: https://www.instagram.com/warp.tokyo.barcelona/

キュレーション: 貝原奈積

協力: 銀座AC,Gallery 

最新記事

すべて表示

©2020 by Natsumi Kaihara