検索
  • Natsumi Kaihara

WARP × Talk vol.2


コンテンポラリー・ジュエリーってなに


皆さんはコンテンポラリー・ジュエリーとはなんだと思われますか。

「コンテンポラリー・ジュエリー とは」と調べると「素材問わず、作家のコンセプトを基に作られるジュエリー」とされている事が分かります。


一般に「ジュエリーが何で出来ているか」を考えると、まず素材価値のある貴金属・宝石が頭に浮かぶでしょう。プラチナとダイヤモンドの指輪などは代表格でしょうか。

その点「素材を問わず」のコンテンポラリージュエリーは、市場価値は二束三文の素材 、プラスチックや、小川の小石、なんだか分からない廃材なども用いる事もできる。

勿論そこは「素材を問わず」なので、ハイジュエリーの様に認知された価値を持つ貴金属や宝石を用いる事もできる。


鉄製ブローチ(Polyphony of Silence I no.5) Natsumi Kaihara


スペインのコンテンポラリー・ファインジュエリーブランドのアシスタントをした事があります。

デパートの上階で取り扱われるような価格帯の商品は、プラチナやゴールドという煌びやかな貴金属や天然石には現代的なカットが施され、溜息の出る美しさなのです。しかし同時にそこにはしっかりと各作家のコンセプトが息付いている。

参考: MISUI


コンテンポラリー・ジュエリーってなんて自由なんでしょうか、そしてなんてまた解りにくくなってしまうのでしょうか。


次回は「コンセプト」についてお話ししようと思います。



コンテンポラリー・ジュエリー グループ展

WARP Tokyo-Barcelona

会期: 東京 2020年12月14日(月)〜12月20日(日) 銀座ACギャラリー

巡回展: スペイン・バルセロナ 2021年9月25日〜 CONTEXT Gallery

more info: https://www.instagram.com/warp.tokyo.barcelona/


キュレーション: 貝原奈積

協力: 銀座AC,Gallery 

最新記事

すべて表示

WARP × Tolk vol.3

コンセプト 前回、コンテンポラリー・ジュエリー は「素材問わず、作家のコンセプトを基に作られるジュエリー」とされている事が分かりました。 つまり、「コンセプト」があれば、アートのイメージの代表格「一点物」でなくとも、コンテンポラリージュエリーに分類されます。 次に最大の特徴、コンセプトについて考えてみましょう。 作家として、またこの分野のファンとしての経験上、コンセプトの内容・深み、そこに個人的経

WARP × Talk vol.1

WARP Tokyo-Barcelona 東京展の会期が近づいて参りました。 コンテンポラリー・ジュエリーについてのお話をしていこうと思います。 WARP Tokyo-Barelona の企画・運営をしている貝原奈積です。 コンテンポラリー・ジュエリー作家であり、コンテンポラリー・ジュエリーを広めたいという想いから展示企画も行なっています。 スペイン・バルセロナへの留学経験を活かし、この企画を実現

©2020 by Natsumi Kaihara