検索
  • Natsumi Kaihara

終了 WARP Tokyo - Barcelona


(参加者(一部): Carles Codina Armengol, Eva Burton, Paul Adie, 副島舎人, 管まりお, Marc Monzó, 貝原奈積)



WARP Tokyo - Barcelona 会期を終えました。 2020年12月14日〜12月20日までの7日間に渡り、

皆様に参加作家の作品やその背景、それぞれの制作のエッセンスをお伝え出来た事

とても嬉しく感じています。


(参加者(一部): 菅野康子, 小林京和, 谷相友茄, 三島一能)



初日にはスペイン(バルセロナ)のコンテンポラリー・ジュエリーについて、

現地所縁の外国人参加作家のご紹介を含めレクチャーを致しました。

時節を考慮しての入場人数ギリギリ迄お越し頂き、感謝しかありません。


AC,Galleryの皆様を始め、期間中在廊にご協力頂いた参加作家の方々、ご来場の方々の感度の高さ・柔軟性は見習いたい所ばかりで大変勉強させて頂きました。


(参加者(一部): Maria Deiz Serrat, 中村ミナト, 山田瑞子, Ramon Puig Cuyás)



運営側としては、至らぬ点や改善点が明確となりました。

次回へのチャレンジとして捉えていこうと思います。



本年の暮れがどうか穏やかでありますように。

そして2021年が皆様にとって実りある年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。


貝原奈積




日本人参加作家のオンライン展示は2021年1月14日迄開催中です。


WARP Tokyo-Barcelonaは来年Barcelonaにて巡回展を行います。

不透明な時期ではございますが、このプロジェクトが海を渡り

バルセロナの皆様にとっても、驚きや発見・感性との出会いの場になる事を切に願っております。

最新記事

すべて表示

WARP × Talk vol.6

コンテンポラリー・ジュエリーの楽しみ方1 ここからは、楽しみ方について考えていきましょう。 今回はコンテンポラリー・ジュエリーの醍醐味を3つに分けてお話したいと思います。 ・作家性(コンセプトや表現) ・作品との間に生まれる個人的な関係 ・作品を通し第三者との間に生まれるコミュニケーション 作家性(コンセプトや表現): 制作時、素材は作家の感性や感情に大いに晒され作品となります。環境やそれまでの人